Hiroto's diary

プログラミング関連とイベントの感想を書くかもしれない

Laravel

Laravelのpublicディレクトリを変更する。

タイトルの通り、Laravelのpublicディレクトリを変更する方法。hiroto-k.netのサブドメイン統合に際してpublicディレクトリを動かしたのと、その後のテストでコケたのでその時のメモです。 先に書いておくと、この方法ではphp artisan serveコマンドは使えず…

Laravelの .env の値はconfig()経由で使う。

Laravelの .env の値は config() 経由で使う。 .env ファイルは設定のキャッシュがあると読み込まないので env() をそのまま使うと本番環境で設定をキャッシュした時に動かなくなる。なので env() は直接使わずにconfig()経由で使います。

Laravelのバージョンを5.1から5.3にアップグレードした時のメモ

HkAppsのLaravelのバージョンを5.1.xから5.3にアップグレードしたのでメモがてらここにアップグレード方法を書きます。

Laravel/Lumenでレスポンスヘッダーのアサートをする

Laravel及びLumenでレスポンスヘッダーのアサートをする方法。Illuminate\Foundation\Testing\Concerns\MakesHttpRequestsに実装されてるseeHeaderメソッドを使う。

LaravelのartisanコマンドでgetArguments()やgetOptions()を使う時はコマンド名の指定に$nameを使う必要がある

LaravelのArtisanで自作Commandクラスを使う時に躓いたのでメモ LaravelでArtisanコマンドを作る時に以下のようにコマンド名を指定する($signatureを使う)とgetArguments()やgetOptions()が読まれない。

Laravelでルートに暗黙コントローラーを使うとlaravel-debugbarが動かなくなる。

Laravelでルート下に暗黙コントローラーを使って、デバッグバーが動かなくなる時の対処方法。

Laravelでデータベースの接続を指定してmigrateやdb:seedを実行する

Laravelで特定の接続で``migrate``や``db:seed``を実行する方法。Lumenでも使えます。

© 2015-2018 Hiroto-K