Hiroto's diary

プログラミング関連とイベントの感想を書くかもしれない

Laravelのpublicディレクトリを変更する。

タイトルの通り、Laravelのpublicディレクトリを変更する方法。hiroto-k.netサブドメイン統合に際してpublicディレクトリを動かしたのと、その後のテストでコケたのでその時のメモです。

先に書いておくと、この方法ではphp artisan serveコマンドは使えず、Homestead等で開発する必要が出てきますのでご了承ください。


まず最初に変更後のディレクトリ構成。サブドメイン毎でpublicディレクトリを分ける為、publicの中にapinetresourcesを掘り、既にあるindex.php等をコピーしました。。

f:id:Hiroto-K:20180607005533p:plain

次に各ディレクトリのindex.phppath.publicをバインドします。少し面倒ですが全てのindex.php$appの下に書き加えます。

<?php

// 省略

$app = require_once __DIR__.'/../../bootstrap/app.php';

$app->bind('path.public', function () {
    return realpath(__DIR__);
});

// 省略

書き換え後、Homesteadのsitestoで新しいpublicディレクトリの位置を指定してリロードすれば完了。HTTPからのアクセスでは、public_path等の返り値が設定したディレクトリで帰ってきます。

テスト時のディレクトリ設定

で、ここまでHTTPからのアクセスは何の問題も無いのですが、このまま何も設定せずにphpunitを走らせると、path.publicはデフォルトのpublicで帰ってきます。コントローラーなどでpublic_pathを使っていると確実にコケて非常に厄介です。

という訳でTestCaseからpublicディレクトリを変更出来るようにします。

TestCase.php$publicPathSuffixプロパティを生やすのと、createApplicationpath.publicをバインドする処理を追加。

<?php

use Illuminate\Contracts\Console\Kernel;
use Laravel\BrowserKitTesting\TestCase as BaseTestCase;

abstract class TestCase extends BaseTestCase
{

    // 追加
    /**
     * Suffix of public path.
     *
     * @var string
     */
    protected $publicPathSuffix;

    /**
     * Creates the application.
     *
     * @return \Illuminate\Foundation\Application
     */
    public function createApplication()
    {
        $app = require __DIR__.'/../bootstrap/app.php';

        // 追加
        if (isset($this->publicPathSuffix)) {
            $newPublicPath = public_path($this->publicPathSuffix);
            $app->bind('path.public', function () use ($newPublicPath) {
                return $newPublicPath;
            });
        }

        $app->make(Kernel::class)->bootstrap();

        return $app;
    }
}

コントローラー等のテストではpublicPathSuffixを設定。

AppsControllerTest.php

<?php

class AppsControllerTest extends TestCase
{
    protected $publicPathSuffix = 'net';
}

これでphpunitを走らせると、publicPathSuffixを設定したテストケースではpublicディレクトリの位置が変更されてテストが実行されます。

2018/5/27 大橋彩香 Special Live 2018 ~ PROGRESS ~@パシフィコ横浜

5/27にパシフィコ横浜で開催された大橋彩香さんのスペシャルライブ、大橋彩香Special Live 2018 ~ PROGRESS ~に参加してきました〜。

先に全体の感想を書いておくと マジで最高のライブ でした。歌は勿論の事、パフォーマンスやドラム演奏やMCだったりも含めて、今までのライブの中でダントツで良いライブでした。

本当に大橋彩香さん応援してて良かったと思ったし、これからも応援していくと心の底から思えた。


曲だったりMCだったり諸々の所感等。

セトリはEventernoteの方へ書いたのでそちらを。感想の中に楽曲の感想も入ってるのはご了承。

大橋彩香Special Live 2018 ~ PROGRESS ~ hiroto_k_の感想 Eventernote イベンターノート

OP〜ドラム演奏

OP映像終わって幕降りたけど大橋彩香さんいないやん!って思ったら高い方のステージのドラムにいてたまげた。

開演前にパンフレット見てたんですが、パンフレットの後ろのクレジットのDrum Instructorにmikaさんの名前があったのでドラムやるなぁ〜とは思ってたらまさかの初っ端に!!!流石に初っ端にドラム演奏持ってくるとは思っておらず驚き。

ドラム叩いてる時の大橋彩香さん、明るい曲歌ってる時やMCの大橋彩香さんとは違いめっちゃカッコ良かった…!

01. NOISY LOVE POWER☆

開演前にこれでもかって程アニメOP版のが無限に流れ続けてた曲。こりゃあ開幕NOISY LOVE POWER☆だなと確信していた訳ですが、いざ実際流れてみるとテンションブチ上がる訳で。

生演奏のベースが非常にエモい。

家で歌詞読んだら愛のパワーじゃなくて愛のパゥワ~なのを今更知る。

02. ハッピーメリーゴーランド!

絶対生で聴きたいと思ってた曲。

こんな初っ端にやるとは思ってもおらず、最初から飛ばしまくりで高まりまくりタオルぶん回し。

03. ENERGY☆SMILE

開幕3曲連続でアップテンポの曲。まだ3曲目なのにぶっ飛ばすな〜〜〜とか考えつつ、今日のライブは既に勝ち確定。

2番Bメロの歌詞のポニーテールは正義、本当にそれすぎる。

MC

開幕ドラムからの3曲でかなり高まった所でMC。ドラム叩いてる時や歌ってる時とは全く違ういつものへごちんという感じ。MCが面白い(?)ライブは良いものです。

04. 希望フォトグラム

アルバムの中ではずば抜けて明るい曲で、今までの大橋彩香さんっぽい曲。作詞もABSOLUTE YELLやENERGY☆SMILEだったりを書いてる真崎エリカさんと本当に大橋彩香さんっぽい。

歌う時はヘッドマイクで歌っておりダンスは勿論の事、カメラを持ってステージから撮ったりがあり。曲の最後にスマホでダンサーの人と写真を撮って、その写真が後ろのスクリーンに写される演出が特に印象に残った。

05. ユー&アイ

前述の通りヘッドマイクで歌っていたのでMVのダンスも踊りながら歌うという。

振り付けコピー曲。もっとMV見ときゃあ良かったと思った。

06. バカだなぁ

アルバム聴いた時に割と刺さった曲。Cメロの表現力というか歌い方がマジでヤバかったですね。この曲の生歌+生バンの破壊力は強すぎる。

ココらへんからゆったりとした曲調の曲が続き。盛り上がるだけがライブじゃないな〜と改めて思う。

07. Sentimen-Truth

個人的に2ndアルバムの中では一番強い曲だと思うSentimen-Truth。(自分がfhánaやUNISON SQUARE GARDENも好きと言うのを除いても。)

約6分30秒の曲で今回のライブだと一番長い曲(と言うか多分大橋彩香さん楽曲で一番長い?)。けども歌い分け、メロディーの転調、曲の壮大さだったりで飽きる訳も無くむしろパフォーマンスにただただ圧倒されるばかり。メロディーも歌も、サビの上がり方が本当に天才。

一個前の曲でも書いたけど、盛り上がるだけがライブじゃないな〜と本当に思わされたし、ライブでここまで感動したのも久しぶりな気がする。

Sentimen-Truth、生バンド+生歌でやると更にエモさマシマシで非常に良き。

曲のイメージ的に最後らへんに持ってきそうと勝手に思ってたので、序盤に持って来られて無事序盤で死亡した模様。

08. うたたねのラブソング(Acoustic ver)

元々アコースティックに近い曲なのでアコースティックでもそこまでの違和感は無く。

今回のライブは席あったので座って聴けるもの良いですな。

09. 勇気のツバサ(Acoustic ver)

原曲の感じからして全然アコースティックでやりそうなイメージ無い曲だったので曲名言われた時には驚き。原曲のアップテンポ曲のイメージとは全く違った良さがあり普通に音源欲しいレベル。

スローテンポの曲以外もアコースティックでやるライブは神。

10. I knew the end of love

PROGRESSに入っているバカだなぁやうたたねのラブソングよりも一層大人っぽい失恋曲。内容こそそれなりに近い物の、やはり歌い分けが凄いわけで。今後歌っていったらまた変わりそうな曲。これもアコースティックでやると化けそうなので9/24に軽く期待しておく。

(タイトルが長いと勝手に思ってたのでタイトル覚えるのを放棄していたけど、よく見たらそこまで長くなかった。)

11. Break a Liar

フューチャーベース曲でいかにもダンス曲って感じで、間奏のドロップどう考えても踊るやろってのが最初に聴いた時の感想。

今回のライブはヘッドマイクで歌っていたので、踊りながら歌っていてマジでなんでも出来て凄いななぁ〜と(それもダンサー顔負けのキレキレので)。後半のフェイクの部分はフェイクの方を歌っていたのもこの曲らしくて良き。

12. Break My Jail

Break a Liarの後にBreak My JailというBreak繋ぎ。

13. Maiden Innocence

こっから一気にアップテンポ曲続き。

めちゃくちゃ格好良い曲なのでこの曲生バンでやったら最高だよなぁ〜ってアルバム一通り聴いた時から思ってたんですが、やはり生バンは最高。

14. ワガママMIRROR HEART

何だかんだ一番盛り上がった曲。振り付けとサビの「だから強制」が良すぎるんですよマジで。

ミョーホントゥスケ👏👏👏👏👏👏👏👏👏ワイパー×3 チャペアペ虎火ミョーホントゥスケ人造ファイヤファイボワイパーが普通に聞こえたのは流石に笑った。

15. ABSOLUTE YELL

1stアルバムのリード曲。結構久しぶりな気がするけど、ミラハからのこれはマジでヤバイ。ヤバすぎる(ヤバすぎる)(語彙力ゼロ)。

16. 流星タンバリン

1stアルバム辺りから大橋彩香さんのオタクな各位はここでブチ上がったはず。ワガママMIRROR HEART→ABSOLUTE YELL→流星タンバリンの流れはマジでチートすぎる。

歌詞の通り Musicは最高 !!!

17. シンガロン進化論

2ndアルバムのリード曲。最初にYouTubeで視聴版聴いた時は微妙…?って思ったけど何回も聴いてると歌詞だったりメロディーだったりが妙にハマってきて良い曲だし流石オーイシマサヨシだと思ったのがアルバム発売前。 CD音源のフルバージョンで聴けばENERGY☆SMILEのような大橋彩香さんらしい曲だな〜と。

ミラハ→ABSOLUTE YELLからの流星タンバリンで一旦閉めか〜とか考えてたら2ndのリードまだやってなかった。

今回初披露って事でコールだったり最後の合唱の部分めっちゃ薄かったのがアレだけどまあ今後どうにかなるでしょう。

EN1. イカイカすぜ☆クラーケン子ちゃん

ライブでやったら絶対盛り上がるとは思ってた物の、流石にこの曲はやらんだろと抜かしていたらまさかのアンコール一発目に持ってきて驚き。家に帰って改めて曲聴きつつ歌詞読むと最高にぶっ飛んでて、これで盛り上がらない訳が無いしやらない訳無いわな(笑)

マジで頭おかしい歌詞(勿論良い意味で)のコールがバカ楽しかった。曲が曲なだけあってセトリに入れにくそうですが、是非とも他の所でもやって欲しい所存であります。

EN2. 明日の風よ

ライブ名がPROGRESSならこの曲はやるでしょ!と思ってたので最後の最後で来てくれてありがたい。アコースティック版じゃなくて原曲版でやったのは初だったので満足。「(前略…)明日の風を感じてください」からの最初アカペラで入ったのは本当にズルい。

EN3. YES!!

めっちゃ久しぶりに聴いた気がするけど、やっぱり最後はこれなんだよなァ〜〜〜。原曲も良いけど、これも生バンドでやると中々化ける曲。


記事の一番頭にも書きましたが、 マジで最高のライブ でした。9/24のはっしーバースデー2018がますます楽しみ。

2018/05/12 8 beat Story♪ 8/pLanet!! 2nd Anniversary 4th LIVE 「On the pLaNET!!」@Zepp DiverCity

5/12にZepp DiverCityで行われたライブ、8beatStory♪ 8/pLanet!! 2nd Anniversary 4th LIVE 「On the pLaNET!!」に参加。何だかんだハニプラ初現場。

セトリはEventernoteに書いたのでそちらを参照。

https://www.eventernote.com/notes/2813881

所々文崩壊してたり、雑だったりするのは仕様です。


物販

ペンライト、Tシャツ、ラバストだけ買い。ラバストは1個しか買わなかった訳ですが、普通にゆきな引き当てて神。これが日頃の行い。

ライブ

開始前

出演者が注意事項とか読み上げ。整理番号が比較的後の方で入場遅くて吉井彩実さん読み上げが途中からと澤田美晴さんのしか聞けず。澤田美晴さんが噛んだ時に言ってたのが非常に可愛かった。(語彙力ゼロ)

01. Ecstasy

OP映像終わってから最初何流れるかなーって思っていたら初っ端から聴きたかった曲が来て曲流れた瞬間にブチ上がった。サビ頭のゴリゴリの低音が神。

改めて歌詞を読むとEcstasyと同じメンバーで歌っている「Go Live!!」に通ずる所があり、最初にやったのも納得。

02. Error, 03. Count it Down

エビストの楽曲で良い意味で尖ってる曲(だと思う)。曲が曲なだけあって、二曲とも周りのオタクのノリがクラブのそれだった。(Count it Downは特に。)

04. Minus

イントロ流れた瞬間に勝利を確信した楽曲。サビのドラムのバリバリの低音が最高や。

サビでアホみたいにペンライト振りまくりでテンション上がる曲の一つ。

05. Outer Existence

ここから初披露の楽曲ラッシュ。

これも新曲だしやるだろうな〜とは思ってたけどこんな序盤に持ってくるとは。

この曲もMinusに続き低音ゴリゴリの最高な曲。

06. Fuzzy N' Wonky

今までのエビストに無いダンスミュージック寄りな楽曲。

曲ももちろんだけど、英語多めの歌詞、衣装やレーザーの演出だったり振り付けだったりと何から何まで格好良すぎた。

07. アカシックレコード

6曲目までぶっ飛ばして来たけど7曲目にしてエビストらしい曲が。3rd以降の曲だとかなり好きな方な曲なのでやって欲しいと思ってた曲の一つ。2番後の長いギターの所めちゃくちゃ良いんだよなぁ〜〜〜。

最初にサブステージ使った曲。(前の方にもサブステージと同じような箱的な物あって、そこにはカメラの人乗っていたので普通にカメラが乗る場所だと思ってた)

イントロ流れたけどステージ誰も出ないなぁ〜とか思ってたら後ろに和氣あず未さんが出ていてブチ上がり。優勝 です。アカシックレコード用の衣装めちゃくちゃ良き。

08. 源氏物語, 09. INFINIT3!!

アカシックレコード終わった後にDJプレイヤーとPC乗ったテーブル出てきてまさかと思ったらこの曲。

歌ってる時の吉村那奈美さんが完全に源氏ほたるで非常に良き。

源氏物語に続き、ソロ曲のINFINIT3!!

神楽月らしい明るいメロディと明るい歌声。

10. Despair

お待ちかね(?)の2_wEi乱入。

サビ最初の歌詞のI do know `bout it. Driven to despair!かなりすこです。

この曲の後のMCで2_wEiのワンマンが発表された訳ですが、これからどれだけ曲増えるのか楽しみ…!2_wEiの二人は声優としての自己紹介が無く最後までアルミとミントとして話しているように感じた。初登場とは思えないパフォーマンスで最高だった

11. UNPLUG

今の所出ている2_wEi楽曲で一番刺さった曲。

デカい箱で聴く低音ゴリゴリの曲は最高です

12. Toi et Moi

2_wEi曲終わってからの一発目何かな〜と期待していたら「ピコッ」が。聴きたかった曲の一つだったので最高にアガる。

13. 全部、君のために, 14. Sugar Sugar Bee, 15. BoyFriend

ここからは恋がテーマの曲3連発。

Toi et Moiの次にまさかの全君!何だかんだライブでは初披露!2番Bメロの吉井彩実さん歌う「軽はずみなんて許さない」の所がエモエモのエモ(←言いたかっただけ)

珍しく背後のスクリーンを使った訳ですが、背後の映像がジャケットの明るさ上げると出てくる「大好き」の文字で激エモ。

次にSugar Sugar Bee。

ハニプラらしい可愛らしい一曲。2番の間奏からのブリッジがめっちゃすこ。

3曲目には定番のクラップ曲のBoyFriend。

この曲もサブステージ使ってたらしいが前の方居たので終わり近づくまでサブステージ使ってたの知らず。

16. おとめ☆de☆Night

BoyFriendの後のMCでいかにもおとめ☆de☆Nightのジャケットのような衣装で吉岡美咲さんが出てきたので曲始まる前から高まり。歌詞の括弧内も全部生で歌うのも良き。この曲やったら神って話をオタクとしてたのですが、おとめ☆de☆Nightやった事により挙げていた曲全部出揃い。

この曲の衣装、他の衣装と違い腕上げると腋がチラチラ見える訳ですが…(以下自主規制)。

17. BLUE MOON

アンコール前最後の曲。

始まる前にメンバー8人からのメッセージを上映したのは覚えてるけどおとめ☆de☆Night辺りから記憶飛んで凄い曖昧にしか思い出せない悲しみ。

EN1. スクールディスコ

アンコール一発目にまさかのスクールディスコ!偏差値3のコールとクラップがクソ楽しいんですよ。

EN2. DREAMER

次にDaysで終わりかな〜と思ってたら来ないと勝手に思っていたDREAMERが。こっちはサビ前の「5,4,3,2,1!」のコールとサビでのペンライト左右に振る振り付けが良き良き。

EN3. Days

3rdライブに続きエンディングは帰り道を歌ったこの曲。

Cメロの社本悠さん歌う「ずっと忘れないよ」の後ら辺から「これで最後の曲なんだな…」と考えるのと同時に「最高のライブだったな…」とも思い普通に泣いた。

あとで調べたらトキメキの15センチを書いた人が作詞, 作編曲した曲。本当にライブの最後に相応しい曲だとつくづく思う。

ライブ後

© 2015-2018 Hiroto-K